相続に関連する登記手続記事一覧

dummy

相続が開始したが相続人のあることが明らかでないため、相続財産管理人が選任されると、相続人を捜索するために官報により相続人捜索公告がなされます。この公告期間(6ヶ月)内に相続人が現れないと、相続人の不存在が確定します。相続人の不存在が確定し、残余相続財産があるときは、被相続人と特別の縁故にあった者は、残余相続財産の全部又は一部を請求することができます。これを特別縁故者による財産分与の請求と言います。...

dummy

不動産を遺贈されたときは、当該不動産の登記名義を遺言者名義から受遺者(遺贈を受けた人)名義に変更するための登記手続きを行います。遺贈とは、遺言による贈与のことで、遺言者の死亡によりその効力を生じます。(民法第985条)遺贈には、遺産の全部又はその一定割合を無償譲渡する包括遺贈と、財産を特定して無償譲渡する特定遺贈があります。(第964条)遺言者の死後、遺贈を履行するには、遺言書の検認手続きを経る必...

dummy

配偶者居住権とはどのような権利なのか残された配偶者が被相続人の所有する建物に居住していた場合で、一定の要件を充たすとき、被相続人が亡くなった後も、配偶者が、賃料の負担なく(無償で)その建物に住み続けることができる権利です。なお、居住建物が被相続人とその配偶者以外の者との共有の場合には、共有建物につき配偶者居住権は成立しません。@配偶者居住権は、被相続人による遺贈又は死因贈与により取得することができ...

dummy

この記事では、墓地を相続したときの登記手続について司法書士が解説します。この記事のタイトルは、便宜「墓地を相続したときの登記手続」としましたが、厳密に言うと、墓地は相続財産ではなく「祭祀財産」になります。(ただし、墓地が相続財産になることもあります。後述「墓地でも祭祀財産でないときがある」参照)祭祀財産については、相続手続とは別の手続によりその承継者が決定されます。祭祀財産とは、系譜、祭具及び墳墓...

このページの先頭へ戻る